予兆なしに吐く・・・<症例考察>


自律神経系の辛い症状の中で、
吐き気 」を訴える方は比較的多いと思います。
そのような方は吐き気だけでなく、
めまい 動悸 眩しい 寝つきが悪い頭痛 慢性疲労 など
他の不調な症状も併せ持っている場合が多いです。

そして、
吐き気を訴える場合でも、
吐きそうな感じがする場合や、
吐きそうな感じがして実際吐くというのが一般的です。

すなわち、
吐き気というのは、実際に吐くかどうかは別にして、
「吐き気」という言葉通り、
「吐きそうな感じ」、「もどしそうな不快感」を伴うものと言えそうです。

しかし中には
「吐きそうな感じ」なしに「吐いてしまう」・・・
「吐きそうという予兆」が全くないのに突然「吐く」・・・
という方がおられます。

症状をお聞きしていて、
「吐き気があります」とおっしゃるので、
吐きそうな感じがあって、時々吐くのかと思って、
どんな時にそうなりますかとお聞きしたら、
「いきなり吐くんです」・・・
「何の予兆もなしに吐いてしまうんです」・・・
とのこと。

吐くことはもちろんのこと、
吐きそうになるだけでもかなり憂鬱だと思います。
しかし、
何の予兆もなしに吐くとなると、
そのしんどさもさることながら、状況によっては大変辛く、
不都合な場合も多いと思います。

考えてみれば、
吐きそうになって吐く場合も、
「吐きそうな感じ」があるからトイレに行くとか
の対応がとれます。

しかし、
予兆なしに吐くとなるとそれは何倍も辛い状態だと思います。

その方の希望は、
「せめて吐く前に予兆があったら」という大変遠慮したものでしたが、
もちろん予兆だけでなく、吐くことも改善すべきです。

それで、吐くという症状に対する改善状況を、
次の四つに分類して確認することにしました。
@ 予兆としての吐き気も、吐くこともない。
A 予兆としての吐き気はあるが、吐かない。
B 予兆としての吐き気があり、吐いた。
C 予兆なしに吐いた。

その方の場合は、
施術を重ねることによって、
Cだけであったのが、
やがてCはなくなり、BがほとんどでAの日もあるようになり、
さらに、
Aがほとんどで、たまにBの日がある・・・
Aがほとんどで、@の日も出てきた・・・
@がほとんどで、たまにAの日がある・・・
というように順調に回復してきました。

その方は言います。
「吐きそうという予兆があるだけで助かります」と・・・
でも普通は、
食べ物に当たったとか、お酒を飲み過ぎたとき以外は、
吐くことも吐きそうになることもないものです。
何事も欲張るこはあまりいいことはありませんが、
吐くことに関しては大いに欲張っていいと思います。


予兆なしに吐くという大変辛い症状から解放されるには、
自律神経の中枢である視床下部脳幹部
さらに、
不安と関係が深い大脳辺縁系の偏桃体などへの血流改善が必須です。

当整体院では、血液や脳脊髄液の通り道である頸椎(特に上部頸椎)の施術も行いながら、中立位の整体で身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液 の循環改善を行うことで、
「心」と「身体」両方から深いレベルのリラックスを得る・・・
脳への血液と脳脊髄液の循環が改善される・・・
視床下部や脳幹部、偏桃体が本来の仕事ができるようになる・・・
自律神経バランスがとれる・・・
その結果、
他の不快な症状の回復とともに、
吐くことも、吐き気もなくなって晴れやかな毎日になるのではないでしょうか。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら


自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下