注意散漫とよく言われる・・・<症例考察>


自律神経系の不調として、
吐き気 めまい 動悸 不眠などの不快な症状で来院してもらった方と、
色々な話をしていると、
「最近、注意散漫とよく言われるんです。」とおっしゃる場合があります。

注意散漫と言っても、
それがそのまま病気であることは通常ないと思います。
それに、
人それぞれに性格があって、
落ち着きがあるとか、興味がすぐに変わるとかあって
「注意散漫」というだけでそれが不調の印とは考えにくいものです。

しかし、
何人にも「注意散漫じゃないですか?」と言われる・・・
昔は言われたことがないのに、
最近、
「ちょっとイライラしてる ことでもあるの?注意散漫だよ。」と言われる・・・
そういう場合は自律神経系の不調の前触れなのかも知れません。

注意散漫というと、
落ち着きがなく、キョロキョロしている・・・
という表面的なものから、
聞いているようで人の話を聞いていない・・・
テレビを観ていても内容が頭に入ってこない・・・
という少し奥にある不調まであるようです。

注意散漫という状態を正確に定義するのは難しいと思いますが、
自律神経系の不調を併せ持った場合は、
その注意散漫は性格からきているものではなく、
「注意散漫に見える」ように私は思います。

注意散漫に見えるというのは、
普通は全く気にならない周囲に対して、
色んな角度のアンテナを張り巡らしている状態なのではないでしょうか。

人と話をしていても、そばを通った人が気になる・・・
向うにいる人がチラッとこちらを見たのは何かあるに違いない・・・
コンビニで並んでいて後ろの人が気になって仕方がない・・・
映画を観ていても周りの音が気になってストーリーが分からない・・・
普通に部屋でくつろいる時、あり得ないとは分かっているのに、
ドアからいきなり誰かが入ってくるのではないかと気になる・・・
もし、
そういったことがあったとしたら、
性格からではなく、他の人からは注意散漫と見られると思います。

そういった状態の時、
本人の実情としては周囲のあらゆる角度にアンテナを張り巡らせてはずです。
そのアンテナは他の人には決して見えません。
しかし、
本人は本当は必要のないアンテナを一瞬の休みもなく張っているのだから、
人の話もよく聞こえない・・・
映画の内容も頭に入ってこない・・・
のは当然なのかも知れません。
そういった状態では普通に人と話をすることでも、
意識的に集中する必要があって、
それはもの凄く大変で疲れることになってしまうと思います。

こういった状態で注意散漫とよく言われる場合は、
自律神経バランスの乱れを疑ってみることも必要と考えます。

自律神経バランスとは、
活動的な交感神経と、ゆったりとする副交感神経のバランスのことです。
ストレスが多いと、
それは例えば身体のどこかが痛いという身体的なストレスであっても、
嫌なことや不安が大きいような精神的なストレスであっても、
どこかに「緊張」を生み出します。

この緊張が、いならい力を複雑にかけることになって、
その結果、
首回りがガチガチになって血流が悪くなる・・・
やがては、
頭蓋骨の動きも制限されて、脳脊髄液の循環も悪くなる・・・

そしてそういう状態が長く続くと、
自律神経の中枢として脳の奥にある視床下部の働きが悪くなってしまい、
ふらつき 生理不順 慢性疲労 や、
倦怠感 不安がとれない という状態になってしまう場合があるのです。

そんな自律神経系の不調もありながら、
最近、
中尉散漫とよく言われるようになったとしたら、
自律神経バランスを回復する必要があると思います。

自律神経バランスを回復するには、
視床下部や脳幹部がゆったりとすることが必須です。

そのためには、
まず、頭部への血流と脳脊髄液の循環改善が必要です。
当整体院では血液やリンパ、脳脊髄液の通り道である頸椎(特に上部頸椎)の施術も行いながら、「中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」で身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の循環改善を行うことで「心」と「身体」両方から深いレベルのリラックスを得る・・・
緊張が緩和され、副交感神経の働きが良くなる・・・
奥の脳まで血液循環が改善される・・・
脳幹部、視床下部が本来の仕事ができるようになる・・・
自律神経のバランスがとれる・・・
自己治癒力が底上げされる・・・
その結果、
吐き気や頭痛などの表に現れている不快な症状から解放されると共に、
不必要なアンテナを取り除いて楽に生きていけるようになっていくのです。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら


自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下